サイトメニュー

注射で理想的な輪郭にする

注射器

リスクの少ない小顔施術

美容整形で受けられるボトックス注射は、様々な部位に行えます。一般的にはシワが気になっている部分に打つ施術が人気ですが、小顔になる目的の治療も選択できます。小顔効果が欲しい人にはエラに打つボトックス注射を選ぶことが可能で、理想的なフェイスラインになれます。ボトックス注射は悩みを抱えている場所ごとに注射ができる点が特徴で、エラに打つものは顔を小さく見せるために効果的です。エラの骨を削る手術を行う整形施術もありますが、ボトックス注入のほうが傷跡ができる心配をしなくても良いメリットがあります。エラの咬筋にボトックスを注入する治療法で、筋肉を緩める効果があるので輪郭をすっきりさせられます。1回あたりの効果は半年から1年ほど継続しますが、複数回にわたって打つことが可能です。カウンセリングで輪郭部分の中で気になる場所に注射を打つことを医者と話し合えますので、失敗が少ない美容整形と言えます。専門医としての資格を取得している医者も美容整形の業界内で増加しており、安全性が高いために施術を受ける希望者も多いです。カウンセリングの中で患者が求めている理想的なフェイスラインを伝えられますので、理想に近い輪郭の形が手に入ります。エラに注射をするだけの治療で、クリニックによっては1〜3回ほどの注射で効果が現れます。美容整形で受けられる切開手術と比較すると、傷跡の心配や副作用の危険性は少ないです。ボトックスはボツリヌストキシンと呼ばれる成分を注射で注入する施術ですが、針を打った部分が腫れることがあります。腫れや赤みのことはカウンセリングで説明を受けますが、ほとんどのケースで施術の当日中に目立たなくなります。赤みなどの症状が気になる人は、あらかじめメイク道具を施術日に持参することをおすすめします。注射をしたエラの場所が突っ張った感覚になる場合がありますが、一定の時間が経つにつれて症状は治まります。内出血が起きたときも時間と共に症状は落ち着きますので、慌てないように気を付けましょう。すぐに症状が軽度になる場合が多いですが、内出血が現れたとしても翌日には化粧をすればカバーできる状態になります。エラのボトックス注射を行った当日にシャワーを浴びることは可能ですが、輪郭の形成が安定した状態になっていないためにマッサージをすることや、過度に患部に触れることは避けるべきです。全く副作用が出る可能性が無い施術というわけではなく、赤みや内出血が現れることがあるのでカウンセリングに十分な時間をかけてくれる美容クリニックを選択すると安心できます。